Twitterブロック疑惑探知

機能
Twitterで誰かにブロックされた可能性がある場合にお知らせします。5000フォローまで対応しています。
それぞれのボタンは1時間ごとに1回押せるようになります。
使い方
最初に「現在の状態を記録」ボタンをクリックし、現在のアカウントの状況を記録します。
その後、しばらく経ってから「被ブロック疑惑表示」ボタンをクリックします。
そうすると、「状態を記録」した時と比べて、自分がフォローしていた人の中から、新しくブロックされてしまった可能性のある人・垢消しを行った人を表示します。
あなたが新しく誰かをフォローした時、再度「現在の状態を記録」することで、その人も監視対象とすることができます。
注意点は、「現在の状態を記録」する前に「被ブロック疑惑表示」しなければ、それまでの間にブロックされた人がわからないということです。
お気を付けください。
また、ページの更新、進む・戻るボタンは誤作動の原因になりますので、ご注意ください。
DMでブロックを通知
毎日20時頃から順次、ブロック情報をDMにてお送りします。
ブロック疑惑が検知されなかった場合は送信されません。
「DMでブロックを通知」ボタン(ログイン前には表示されません)を押すと、自動的に@blockinfo_exeフォローします。
この機能を利用する場合、@blockinfo_exeをフォローしたままにしてください。
現在の状態を記録 被ブロック疑惑表示